何故タバコはやめられないのか?

2020年02月20日
禁煙表示

タバコの煙には、発がん性物質のタールをはじめとして数百種類にも及ぶ有害な物質が含まれていることが広く知られています。
これらは、喫煙者だけではなく周囲にいる人の健康にも悪影響を及ぼすので、駅のホームや学校、病院などの公共性の高い施設のほぼ全てが終日禁煙を実施しています。
また、路上喫煙も禁止している地方自治体も増加しており、違反した場合は罰金を徴収されます。
しかしこのような状況になっても未だにタバコを吸っている人は少なからず存在しています。

2017年の5月にJTが実施した調査によると、全体の18.2%が喫煙者であることが判明しています。
これは人口に直すと1,917万人です。
ちなみに、タバコがやめられない理由はニコチンという物質の作用機序によるものです。
この物質は神経伝達物質のアセチルコリンに分子構造が類似しており、脳内のレセプターに作用します。
すると快感物質のドーパミンや抗うつ作用があるセロトニンが分泌されるので、非常に心地よい気分になります。

ただし、タバコを吸うことによりゆったりとした気分になるのはごくわずかの間のみで、ニコチンが体外に排出されるに従い、イライラと落ち着かない状態になります。
これは、レセプターが空に近づくにつれてノルアドレナリンという物質が分泌されるからです。
このノルアドレナリンは怒りのホルモンとも呼ばれている物質で、ストレスに反応して恐怖や不安の感情を呼び起こすという作用を発揮します。
そして、この物質が分泌されることによる不愉快な状態は、ニコチンを摂取するまで継続して続きます。

このように、タバコがやめられないのは脳内で分泌されるドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリンなどの物質が関与しており、簡単に言ってしまうと薬物中毒と同じ仕組みなのです。
これは、「ニコチン依存症」と呼ばれており、医療機関でも治療の対象となっています。
つまり、意志が弱いからタバコがやめられないというわけではないということです。

喫煙者が禁煙を失敗する原因とは

現在販売されているタバコのパッケージには、「喫煙者は肺がんで死亡する危険性が約2~4倍高くなります」などの警告文が表記されています。
パッケージのほぼ半分にわたって表記されているので、否が応でも目にしてしまいます。
つまり、喫煙者はほぼ全員がタバコは身体に良くないということを把握したうえで、吸っているということです。
それでは、喫煙者は身体を悪くしても構わないと思っているのかというとそこまで覚悟している人は全体からすると少数で、それどころかタバコを吸わない人のことを羨ましいと思っている方が多いです。

このために、禁煙に何度もチャレンジするのですが、残念なことにほとんどは失敗に終わってしまいます。
それは、単に我慢するだけという最も難しい方法を選択しているからです。

ニコチン依存症は、ヘロインやコカインなどの麻薬の依存症と同レベルか上回るほどの強さであることが判明しており、これを精神力だけで乗り越えるのは至難の業です。
また、タバコは嗜好品として認められているので、せっかく禁煙に成功したとしても周囲の喫煙者から勧められるということも起こり得ます。

特に、ストレスが溜まっているような時に不意に勧められると、思わず口にしてしまうということも起こりがちです。
このようにして一度でも吸ってしまうと脳内に快感物質が分泌されて、元の木阿弥になってしまいます。
このために、タバコのデメリットとニコチンの作用機序についてよく理解した後に、禁煙をスタートしなくてはなりません。
気持ちよくなっていたのは単なる脳内物質の作用によるもので、時間が経過するごとに逆に苦しくなるということが分かれば、喫煙者のことが羨ましいと思うようなことはなくなります。

関連記事
アイコスは禁煙への架け橋になるのか?

アイコスはアメリカのフリップ・モリス社が発売する、火を使わない加熱式タバコです。アイコスの本体にはバッテリーが内蔵され、ヒートスティックと呼ばれるタバコの葉を電力で加熱する仕組みにより、タバコの葉を蒸して水蒸気を発生させます。一般的なタバコとは異なりタバコの葉を直接燃焼させないため、発がん性物質の発

2020年05月21日
副流煙による受動喫煙に注意しよう

ひと昔前までは特急電車の座席でタバコを吸う人がいたり、会社でも当たり前のように喫煙することが可能でした。現在は分煙が進んでいますが、それでも十分とはいえない状態です。タバコを吸わない人には臭いだけでも不快で、煙が流れてくると耐え難いものがあります。喫煙者が吸い込む煙を主流煙というのに対してタバコから

2020年04月23日
喫煙は様々な病気のリスクを高める

普段からタバコを吸っている人は健康に良くないと分かっていてもなかなかやめることが出来ないのが常だと考えています。飲酒もそうですが飲みすぎやたばこの吸いすぎは病気を引き起こす原因になり、重症化するリスクも非常に高くなってしまいます。喫煙は体の様々な臓器の機能に悪影響しか与えません。若い人を含めて最近は

2020年03月26日
ニコチンの離脱症状について

喫煙者が禁煙するとイライラしたり眠くなるといった症状を感じますが、これを離脱症状と言います。離脱症状の症状には個人差がありますが、この離脱症状の苦しみによって禁煙を断念し、喫煙者へと戻ってしまう人も少なくありません。普段、タバコを吸わない人はタバコが吸えない状況でも離脱症状を感じることはありません。

2020年03月09日
チャンピックスで完全に禁煙しよう!

完全に禁煙を成功させたいならチャンピックスの使用がおすすめです。チャンピックスはバレニクリン酒石酸塩を有効成分にしており、禁煙を助ける効果が期待出来る薬です。長年喫煙していた人がタバコをやめようとすると、ニコチンが体内に無くなる影響でイライラすることがあります。そのため禁煙に失敗することが多いです。

2020年02月04日
ニコテックスはニコレットのジェネリック医薬品

たばこは健康を害する危険なものです。多くの方がご存知の事実でありながら、それでも辞められず続けている方が多いのは、すでにニコチン中毒という病に冒されているからかもしれません。本気で辞めたいと思うなら、専用の薬を使用した方がよいでしょう。おすすめはニコレットです。ニコチン置換法によって無理なく禁煙する

2020年01月20日
ニコレットは何故禁煙できるのか?

一度決意してもなかなか達成できないという人が多い禁煙。それを助けてくれるのが禁煙ガム、ニコレットです。では、ニコレットとはどんな製品なのでしょうか。普通のガムとの大きな違いは、タールなどを含まないガムタイプのニコチン製剤だということです。そもそもタバコが止められない人の多くは、タバコに含まれるニコチ

2020年01月06日